キュートな純愛小説マガジン Palette(パレット)

キュートな純愛小説マガジン Palette(パレット)

旧サイトの時の掲示板で、あるお客さまから、『Palette』という小説誌に亮子センセの作品がいくつか掲載されていたはず・・・と教えていただきました。およそ5年前のことです。
亮子センセが小説作品を発表されていたなんて夢にも思いませんでした。Wikipediaにも載ってないし、検索してもそんな情報全然見つかりません。

国会図書館のオンラインサービスで、その雑誌は上野の国際子ども図書館にあることがわかりました。早速出向いて、創刊号から1冊ずつ確認していくと ――、ぞわわっと鳥肌が。
―― ありました。表紙に「高橋亮子」の文字。

この時から探求本が2冊増えることになりました。

そして先日、あるお宅で納屋を整理していたら出てきたというこの古い雑誌を、幸運にも手にすることができました。
探求本の情報は毎日チェックしていますが、この雑誌は全くと言っていいほど出てきません。1度だけ、亮子センセ作品掲載号以外の号が出たことがありますが、それっきり。「Palette」「パレット」という誌名が普通の単語すぎて、とにかく探しづらいという障害も大きいです。その様子から、この雑誌はもう手に入らないのではと感じていました。ですのでこれを見つけたとき、またまた「ぞわわっ」となりました(笑)

お話の内容については先入観を持っていただきたくないので触れないでおきます。

今回は「諦めたらそこで終わり」を改めて実感した出来事になりました。
5年前に情報をくださったc****さま、ありがとうございました。

            

亮子センセ掲載作品の情報は↓ページに追加しました。最後の方にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました